思春期に胸が大きくならなかった人が大きくするには?

思春期で胸が大きくならなかった人は今から胸が大きく出来るのか?その真実と方法をコチラに載せています!
MENU

思春期に胸が大きくならなかった人は何が原因?

 

思春期に胸が大きくならない人の原因として、

 

成長ホルモン
ラクトゲン受容体

 

この2つが大きく関係しています。

 

成長ホルモンが分泌されるピークは、13歳から17歳と言われています。

 

そして、ラクトゲン受容体が女性の身体に生成されるのにはばらつきがあり、20歳を過ぎても生成されていない人もいます。

 

なので、18歳を超えた今、胸が大きくない人は、この2つの時期が上手く重ならなかった可能性が高いのです。

 

 

成長ホルモンは歳をとると分泌されなくなる?

jyosei

 

成長ホルモンは13歳から17歳が分泌のピークだと言いましたが、それが終わったからといって分泌されなくなる訳ではありません。

 

なので、その時期に上手く胸が大きくならなかったからといって諦めることはありません。

 

でも、成長ホルモンは歳をとるにつれてその分泌量が少なくなっていきます。

 

そして、それには個人差がありますが、原因として、

 

食生活の乱れ、タバコやお酒、睡眠、ストレス

 

などがマイナス要因となって、成長ホルモンの分泌に悪影響を与えます。

 

なのでこれらを上手く改善することによって、思春期に上手く胸が大きくならなかった人でも、胸を大きくすることが出来ます。

 

 

成長ホルモンの分泌に良い成分を上手くとるには?

先ほどいった、改善すべき点を一つ一つ徹底すれば、成長ホルモンの分泌を阻害せずに、その分泌を活性化させることが出来ます。

 

またそれらを食事の栄養から改善することも出来ます。

 

ただ、それらを自分で考えて採ろうと思うと凄く大変なんですよね><

 

ですが、それら成長ホルモンをアップさせるために必要な成分をぎゅっと濃縮したのが、ピンキープラスというサプリメントです。

 

ただ中には効果を感じにくい人がいます。

 

自分がそういうタイプでないか?をコチラに詳しく書いているので見てみて下さい!

 

⇒ピンキープラス

 

私もプエラリアサプリは副作用などのリスクが恐いので、飲んでいませんが、ピンキープラスはプエラリアを配合していないバストアップサプリなので、マッサージと一緒に飲んでいます。

 

是非試してみて下さい!

 

このページの先頭へ